子育てインフォ ホーム > 子どもの病気・トラブル > 基礎知識 > 下痢・嘔吐(おうと)

下痢・嘔吐(おうと)

Yahoo!ブックマークに登録ヤフー このエントリーをはてなブックマークに追加 はてな

基礎知識/小さな子どもの胃腸はとても敏感

小さな子どもはまだ胃も小さく、胃腸の働きも未熟なため、ちょっとした食べすぎや疲れからも下痢や嘔吐を起こします。また、心理的な緊張などから胃腸の働きが乱れることもありますが、一時的なものであれば心配はいりません。しかし、ひと口に「下痢・嘔吐」と言っても、食中毒や感染性下痢症などでは深刻な場合もありますので楽観はできません。便や嘔吐の様子など、注意すべきポイントを知り、適切に対処できるようにしましょう。

基礎知識/小さな子どもの胃腸はとても敏感
・一時的な軽いもの? ・治療の必要なもの?→見極めが大切不安なときは受診を

受診の目安/脱水症や特徴的な症状がないか

水のような下痢・白色をした下痢、血便、激しい嘔吐がある場合、最も心配なのは脱水症です。ぐったりしていたり水分がとれなくなっている、顔色が悪い、唇が渇いている、汗や尿が出なくなったときなどはかなりの脱水があると考えられますので緊急で受診してください。(水のような下痢が続く、血が混ざったり白色の便が出る、水分を飲むたびに吐く、食欲がない、発熱がある など特徴的な症状がある場合も受診しましょう。)嘔吐が1、2回あった、便がやわらかい(軟便)、便の回数が多い程度で、元気に活動できていれば様子を見てもいいで しょう。ただし何日も改善が見られなければ受診を。

受診の目安/脱水症や特徴的な症状がないか
・ぐったりしている ・水分がとれない ・ 汗や尿が出ない

ホームケア/消化のよいものを与え、かぶれに注意を

食事よりも水分補給を大切に。ただし吐いた直後は水分も受け付けません。30分ほど時間をおいてイオン水、湯冷ましなど少量ずつ与え始めましょう。症状がひどいときは、水分の種類や食事(ミルク)の与え方なども医師に確認するといいでしょう。それほど深刻でない場合や回復期は消化のいいものを与え、かたいものや繊維の多いもの、あぶら分の多いもの、甘すぎるもの、冷たいものは避けましょう。また、下痢は特にかぶれやすいので、まめにきれいにしてあげてください。おしりの皮膚が荒れているときは、シャワーで洗い流してあげるといいでしょう。

ホームケア/消化のよいものを与え、かぶれに注意を
・湯冷まし、重湯 ・乳児用イオン飲料 ・野菜スープ ・うどん ★便と同じくらいのかたさのものが目安

日本最大級の女性口コミサイト ウィメンズパークで関連情報を見てみよう!

下痢・嘔吐(おうと)
についてみんなこんな情報を交換しています。

Presented by ウィメンズパーク
会員登録をして続きを読もう!

続きをご覧になるにはウィメンズパークへの会員登録が必要です。(無料)

会員登録(無料)

ページの先頭へ

こどもちゃれんじ クリスマスキャンペーン|ベネッセコーポレーション
しまじろうクラブ 『日めくりカレンダーCP』
ひとりひとりの学びをサポート。ラーニングパーク
こどもちゃれんじ クリスマスキャンペーン|ベネッセコーポレーション
しまじろうクラブ 『日めくりカレンダーCP』
ひとりひとりの学びをサポート。ラーニングパーク
こどもちゃれんじ クリスマスキャンペーン|ベネッセコーポレーション
しまじろうクラブ 『日めくりカレンダーCP』
ひとりひとりの学びをサポート。ラーニングパーク

こどもちゃれんじ ぷち 1〜2歳向け


たいけん教材(えほん&DVD)をお届けします

はじめてのやりとり号、はんぶんこではいどうぞ号